四柱推命の勉強を始めてから数年が経ちます。陰陽五行説について語ります。
2019年11月30日 (土) | 編集 |
私は、どうも戌が良くないです。ここ数年、低迷した気持ちになっていて、巡ってきた干支を見ると「やっぱり」って思います。
庚金で寅月の生まれで身弱です。

丙があって年支に午もあるのでいくら、この季節で丙があった方が良いとはいえ、地支で午が寅という燃料があって燃え盛っているので、どう考えても柔金となっています。

そこに去年のように戌が来たら、もう。

身弱でありながら印星が喜でもなく、用神をさまたげる五行というのは地支の惨事とはまた別のものであるのだと考えました。

いい勉強になりました。キツイです。

身弱で年運や大運で巡ってきた干支のおかげで根が出来たとしても、一緒にやってくる五行でいくら用神と同じだとしても大過となれば結構ダメージきついと思います。

バランスって大事ですね。

でも、だからと言って命式に五行が同じにあれば良いっていう意味ではなく、この命式に対して中和出来る五行が巡ってくることと言う意味です。

来年の立春以降は庚子です。午と寅のコンビ解消させてくれるんですかね。

時干に癸があるので、今度は水がジャボジャボで沈みそうです。

私の命式に居るトラに伝えたいです。「来年は燃えずに水を吸って太陽を浴びてお暮しください。」

明日はついに師走となります。

12月1日、ヨークベニマルで卵が安いので買いにいきます。

酉の卵を食べて、金の根を摂取します。(ご利益あるのかは謎)

うちのミニライオン



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する